Hoshigaoka News & Report

イベント2017.05.29

「七夕祭2017」【7.7金 開催】

星ヶ丘洋裁学校「七夕祭2017」

星ヶ丘洋裁学校「七夕祭2017」

星ヶ丘学園 七夕祭 「出逢う、七夕の日」

七夕の伝説が残る、星ヶ丘。
星ヶ丘学園・星ヶ丘洋裁学校で、一年に一度の七夕祭を開催します。
人と人が出逢い、美しいものと出逢い、大切なことに気づく一日になります。
今日という日にこの場所で出逢う、奇跡のような出来事。
ぜひお友達やお知り合いへの声かけ、お誘い、ご協力よろしくお願いします。

「七夕祭り2017」フライヤーpdf
★星の短冊付き:切り離してぜひお祈りごとを書いてください!★
 


 
●日時:2017年7月7日 金曜日 12:00〜19:00頃 雨天決行
●参加費:「七夕上映会・演奏・対話の会」3,000 円 【予約優先】

●場所:星ヶ丘洋裁学校
〒573-0013 大阪府枚方市星丘2-11-18
京阪電車枚方市駅で京阪交野線に乗換「星ヶ丘駅」下車 徒歩3分
※公共交通機関でのご来場、ご協力お願いします。

●上映会・演奏・対話の会ご予約・お問い合わせ
E-Mail:info@sewing-g.com(ソーイングギャラリー 原田)

Tel: 072-840-2476
 


【開催内容】

〜 LIVE & MOVIE & WORKSHOP 〜

ハトを、飛ばす
◆七夕上映会 「ハトを、飛ばす」町田泰彦
◆紡ぎの演奏会 青木隼人
◆dialogue : 星々の言葉に耳を澄ませる 松井雄一郎

場所:星ヶ丘学園 野原 (荒天の場合は校舎内)
時間:16:00 開場 16:30 開演 19:00 終了
料金:3,000 円 【予約優先】
※対話の会のみドネーション(任意)制

【TIME TABLE】
・16:00 開場
・16:30-17:00 ライブ「紡ぎの演奏会」青木隼人 
・17:10-18:20 七夕上映会 「ハトを、飛ばす」町田泰彦  
・18:20-18:50 dialogue「星々の言葉に耳を澄ませる」 松井雄一郎 
・18:50-19:00「キャンドルナイト」河合悠・青木隼人

 
映画「ハトを、飛ばす」
監督/町田泰彦 声/東野翠れん 音楽/澤渡英一 出演/山崎光男
「2011年の春、大地がひたすら恐ろしくなって見上げた空に境界はなく、満天の星に救われる思いがした。けれどもすぐに、その空を見境もなく渡る風のこと、その風が触れた土のことも同じように恐ろしく感じられた。私の町に、それはそれ、これはこれ、とでも言うように淡々と野良仕事を続ける農夫がいた。土の恩恵を存分に受け、そこに根ざしながら空高く飛ぶ術を知っているハトのようなひとりの農夫が住んでいた。土地と空とは、それぞれがそれぞれを写した鏡像だ、ということをハトをやる農夫は土を通して知っていた。
いや、土に活かされ空を知る彼こそが、空と土地の間にある一枚の鏡なのかもしれない。
人は、文化は、科学は、風は、命は、どこから来て、どこへと向かっているのか。
私は、その一枚の鏡を覗き込んだ。」
上映前には、場と時と人の心を紡ぐ青木隼人さんの演奏会。上映後は映画のアートワークを手がけられた、松井雄一郎さんによる対話の会を。耳と心を開き、この映画を見た時にどんな想いが各々の心に残るのか。星ヶ丘の野原でぜひ感じてください。
 
→「ハトを、飛ばす」予告動画 https://vimeo.com/205030521
 

【PROFILE】

町田 泰彦町田 泰彦 Yasuhiko Machida
建築家
1975年四国生まれ。幼少期を四国やニュージーランドといった自然が豊かな都市で過ごす。アメリカやヨーロッパ、南米へ建築旅行を敢行。小栗康平監督作品『埋もれ木』に美術助手として参加したことをきっかけに、2005年益子町に事務所を移転。2006年から2009年の間『スターネット』の建物の新築/改修を担当。2010年、益子町に『茶屋雨巻』を立ち上げる。2011年に第一回短編小説『ハトを、飛ばす』を発表。また、同名のドキュメンタリー映画を2016年に発表。2013年、2015年には益子町主催のアートフェスティバル『土祭(ヒジサイ)』に参加。2016年『ドライブイン茂木』の立ち上げに関わり、同所で古本屋の営業や映画上映を企画している。 http://www.malplan.com/blog/

青木隼人 青木隼人 Hayato Aoki
音楽家
ギター演奏を中心に音楽を続ける。自主レーベル「grainfield」からCD作品を9つ発表。ジャケットのデザインも自身で手がける。ソロでの演奏活動のほか haruka nakamura とのデュオは2014年にアルバム『FOLKLORE』を発表。
http://www.grainfield.net/

松井雄一郎 松井雄一郎 Ichiro Matsui
感覚と対話の研究家/アートディレクター
美術・デザイン教育の経験を礎に、ワークショップ、ボディワークや心理学、瞑想、音楽などさまざまな経験を統合。存在することの美しさに深く静かに繋がる、対話と交感の場をひらく。美味しいものが大好き。
女子美術大学非常勤講師。

 


〜 FOOD & DRINK 〜

MILLET
●MILLET 12:00-16:00 場所:野原(雨天の場合は校舎内)
石窯パンのサンドイッチ、キッシュなど 350円~
豊かな自然に囲まれた京都の里山・静原の菜食レストラン。自家栽培の野菜や地元、京都の新鮮で安全な野菜を使い、素材が持つ本来のパワーを最大限に引き上げたヴィーガン(オーガニック・ベジタリアン)フードをお出しします。食べ物を通して、自然に活かされていること、調和して生きることの美味しさを感じてもらえるはずです。
CAFE MILLET
〒601-1121 京都市左京区静市静原町1118
http://blog.cafemillet.jp/

 

maka
●maka 12:00-19:00 場所:野原(雨天の場合は校舎内)
フレッシュハーブティー、ハーブシロップなど 300 円~

京都で、芳香植物の持つ力や可能性を伝えるmaka。独自の感覚でブレンドされる香りは、人の気持ちを澄まして、心を豊かにしてくれます。

maka 樫田幸枝
NARD JAPAN認定アロマインストラクター、セラピスト。
芳香植物の持つ美しさと強さをフィールドワークとアロマテラピーの両方から学ぶ。
makaというフィルターにかけてより楽しく心動く形に変え、沢山の人に伝えていくべく活動を続ける。
http://makaherb.tumblr.com

 

yugue
●yugue 12:00-19:00 場所:野原(雨天の場合は校舎内)
お菓子、ハーブのパフェなど 500円~

いつも常連さんの絶えない素敵なお店。makaとのコラボレーション、七夕祭だけの特別なハーブのパフェとお菓子を出張にて。作り手の気持ちまで伝わるような美味しさです。

yugue
〒606-0804 京都府京都市左京区下鴨松原町4-5

 

yugue
●SEWING TABLE COFFEE 12:00-19:00 場所:ソーイングテーブルコーヒー・野原
テイクアウトサイホンコーヒー  400円~
ビール 500円~

SEWING ー繕うー という言葉から色々なことが連想されます。
気持ちを繕う、時間を繕う、人と人を繕う、色々なことが縫い合わさってひとつのカタチとなっていく。
一杯のサイホン珈琲から、旅先で出会うような、あるがままの光りや風を見つめることができるかもしれません。
http://www.tamazkue.sakura.ne.jp/

 

2代目 星ヶ丘そばの会
●2代目 星ヶ丘そばの会 13:00~19:00 場所:星ヶ丘洋裁学校 野原
蕎麦がきと夏野菜、冷製揚げだし 500円
夏酒とおつまみ 300円~

昨年復活した2代目そばの会は、星ヶ丘学園の畑でそばを育てて食す会です。
今年の七夕は、揚げた蕎麦がきと素揚げした夏野菜に、冷やしたつゆをかける創作蕎麦がき。
スッキリ系の夏酒もご用意します。

 


〜 EXHIBITION & EVENT 〜

いとう写真館 「いとう写真館夏の旅」
◆「いとう写真館の旅」撮影会 
今という時間を忘れないために。世界でたった一枚の写真を残してみませんか?

【撮影会】2017年7 / 7(金)・8 (土)・9 (日) 【予約優先】
時間:11:00~最終受付16:40
料金:15,000円(税別)~
7月5日(水)~9日(日)まで、過去に撮影された記念写真を展示します。
※営業時間 12:00~18:00 [最終日は17:00まで] 会期中無休

ご予約・お問い合わせ:いとう写真ホームページにて予約フォームで受け付けています。

【写真展示】
「いとう写真館の旅」写真展
日程:2017年7月5日(水)~9日(日)

時間 12:00~18:00 [最終日は17:00まで] 会期中無休
場所:ソーイングギャラリー

いとう写真館 伊東 俊介伊東 俊介 Shunsuke Ito
昭和46年生まれ。大阪在住。雑誌「Re:S」をはじめ、「BRUTUS」や「カメラ日和」、「天然生活」など様々な媒体で
活躍の写真家。家族写真を撮るという行為の大切さを伝える「いとう写真館」で、銀塩写真を通しての様々な試みが注目を集めている。
http://www.ito-photo.net/

 

河合悠 蝋燭の展示販売
◆河合悠 蝋燭の展示販売
河合悠さんは蝋燭を作る人というよりは、火を灯す人。火を捧げる人。
河合悠さんの灯す火は日々を仄かに照らし、その火で浮かぶ闇は私たちの日々をあたたかく包み込みます。
上映会、演奏会、キャンドルナイトでも場を灯してくれます。蝋燭の販売もあります。

日程: 7 / 7日(金)
時間:12:00-19:00
場所:野原(雨天の場合は校舎内)
蝋燭 2,500円(税別)~
 
河合 悠 Yu Kawai
2003年より蝋燭の制作を始める。灯りとのつながりを求め、各地での場作りを続ける。
陶芸家やガラス作家、金工作家とのコラボレーション作品の展開や各地でのワークショップや個展の他に、
haruka nakamura piano ensemble、AOKI’hayato 、ARAKI shin 、Quentin Sirjacq、青葉市子、内田輝、森ゆに、高木正勝、土取利行など多くの舞台装飾を行っている。
http://yukawai.jugem.jp/

 

星ヶ丘キャンドルナイト
●星ヶ丘キャンドルナイト 18:50-19:00 場所:野原(荒天中止)
七夕祭のクライマックスは、星ヶ丘の野原の海に河合悠さんが灯を燈し、その光の中で青木隼人さんによる演奏を。
それぞれの願いを灯に込めて。静やかに、穏やかに。
 


 

★七夕に願いを込めて★
七夕祭フライヤーに添付されている短冊、もしくは星ヶ丘洋裁学校内ソーイングギャラリーにて配布している短冊にお願い事を書き、7/7七夕祭にて園庭の「星のツリー」に結んでください。お祭り終了後、短冊にのせた願い事を天に送ってお祈りします。皆様の願いが届きますように!

▼短冊は郵送でも可能です
七夕祭にお越し頂けない方は、事前に郵送にて学校までご送付ください。(締切:7/7まで)
〒573-0013 大阪府枚方市星丘2-11-18

 


●ご予約・お問い合わせ
E-Mail:info@sewing-g.com(ソーイングギャラリー 原田)

Tel: 072-840-2476

 

News一覧へ戻る

星ヶ丘洋裁学校 2015年度生徒募集中 つむぐ星の人になろう星ヶ丘洋裁学校 2015年度生徒募集中 つむぐ星の人になろう

星ヶ丘洋裁学校では、随時生徒を募集しています。
「私はこんな服を創りたい」という一人一人の思いを大切に、生徒の希望に寄り添った授業を、少人数制でおこなっています。ぜひ一度見学へお越しください。
学校見学のお申し込み ・お問い合わせは、お電話またはお申し込み フォームよりご連絡ください。